Pastoral Dog

オフショア開発、導入したいけれど・・・ こんな不安ありませんか?

開発コストが高い

日本では恒常的にエンジニアが不足しているため、価格が上昇中。委託したいが、想定以上の金額がかかるし、稼働するまでに数ヶ月待たされる。

英語のコミュニケーションが不安

言語、文化が違うため、プロジェクトが期待どおりに進むのかが自信がもてず、踏み出せない。

品質・サポートが不安

単価が安い分、品質に問題があったり、納品後のアップデートに時間やコストがかからないかが不安

スクラムを導入した 「ラボ型オフショア開発」は
オフショア開発ならではの課題を解決します!

当社 Pastoral Dog の日本人社員が責任者となり、お客様のご依頼に合わせて、世界各国の関連企業の中から最適な開発チームをアレンジのうえ、開発からリリースまでをサポートいたします。
お客様のやり取りは、当社担当のみ。 英語でのコミュニケーションや、現地に出張・滞在する煩わしさは不要です。 PastoralDogのラボ型オフショア開発

Our Advantages オフショア開発の負を解消する人材、仕組み

コミュニケーションの壁

言語、文化の違いによるコミュニケーションコストの増加
担当者が現地に出張・滞在などで結果的に費用がかかることも

当社担当者によるマネジメント体制

当社の専任担当者が現地の開発チームをマネジメントいたします。
お客様にマネジメントコストはかかりません

ブラックボックス化の不安

要件、仕様の相互理解がされず、勝手に作業や仕様を変えてしまう場合があり、発注者の意図と異なる結果になることも

定期的なチェックで安心

スクラム開発で納品を1週間単位で行います。 意図した製品になっているかの確認を定期的に行えます。 また、柔軟に変更をすることも可能です。

品質悪化の懸念

テストに関する意識が低かったり、ソースコードが荒れているケースがあり、メンテナンスなどの運用費用が高くなることも

高品質な成果物を担保

国内大手開発会社でも、なかなか導入ができていない「テスト駆動開発 *」の教育を受けたエンジニアが開発を行い、 持続可能性を意識した品質の高いコードを納品いたします

* テスト駆動開発(TDD:test-driven development)とは、
コードを修正した際にコンピュータが自動でテストケースを実行し、バグが出るとエンジニアに通知するコードと実際のプロダクションコードを並行して実装する方法

Project Managerプロジェクト
マネージャーのご紹介

浅田 純史

2006年 大学卒業後、ヤフーにて営業職として入社。その後、企画職に異動しヤフオクなどECサービスのプロダクトマネジメントを通して、「モノづくり」の楽しさを知る。
2011年(株)ディー・エヌ・エーへ入社し、スクラムと出会う。 プロダクトオーナー としてMobage(ソーシャルゲームプラットフォーム)の開発や新規事業の立ち上げを推進。
2014年 リクルートで海外事業の責任者をした後、2015年から Odd-e Japan に参画。 プロダクトオーナー として医療・農業向けの新規プロダクト開発に挑戦中。 営業、CS、人材採用、総務などコードを書く以外の業務を担当。
2016年 Scrum Alliance® Certified Scrum Professional® 資格取得。

Development Technology対応可能な技術・領域

  • 開発領域

    • Webシステム
    • スマートフォンアプリケーション(iOS / Android)
    • WEBサイト制作(UI / UX デザイン)
    • データサイエンス
  • 開発言語

    1. フロントエンド
    • WEB
    • React
    • VreJS
    • Angular
    • App
    • Kotlin(Android)
    • swift(iOS)
    • Cross Platform
    • ionic
    • react native
    2. バックエンド
    • Ruby
    • Go
    • Jave(Spring)
    • Node JS
    • Python
    3. インフラ・運用
    • Docker
    • Cloud Go
    • Ansible
  • 業務領域

    • ディレクション
    • 仕様決定のサポート
    • 画面設計 / 詳細設計
    • 実装
    • 単体テスト / 結合テスト / 総合テスト
    • サイト運用 / システム運用

Case Studies導入事例

トレーニングの予約受付および受講者様のコミュニティサイト

トレーニングの予約受付および受講者様のコミュニティサイト Odd-e Japan 様

様々な申込み方法に対応し、運営会社様の業務を電子化、効率化を実現いたしました。

実装機能:WEB上での研修の申込み機能、席数の在庫管理、複数人数の申込み機能、キャンセル待ちの受付機能、領収書、請求書のメール配信機能、申込み後の受講者の支払い、出欠管理機能、受講者への一括メール配信機能、スマートフォン、PCのレスポンシブルデザイン
https://training.odd-e.jp/

Service Flowご利用の流れ

  • 1. お問い合わせ

    お問い合わせフォームより、ご連絡ください。お問い合わせいただいた内容を確認し、担当者より折り返しご連絡させていただきます。
  • 2. ヒアリング

    プロジェクト責任者となる担当者がお電話もしくは御社に伺い、詳細なご依頼内容、スケジュール、ご予算などをより詳しくお伺いいたします。
  • 3. お見積りのご提案

    伺った内容を元にプロジェクトチームの編成、リリースまでの運営方法とお見積りをご提案いたします。
  • 4. ご契約の締結

    契約書のドラフト案を作成し、お客様にご確認いただきます。内容に問題がなければ契約締結となります。
  • 5. 納品完了
    プロジェクトスタート

    契約締結後、プロジェクトをスタートいたします。

Cost参考価格例

日本人エンジニアの単価

90 万円 〜 120 万円 / 月

プロジェクトマネージャーの価格

150 万円 / 月
約 37 % コストダウン!

タイ人エンジニアの単価

60 万円 〜 75 万円 / 月

プロジェクトマネージャーの価格

5 万円 / 月

contactお問い合わせ

弊社サービスへのお問い合わせ、ご相談等はこちらからお願いいたします。
内容を確認のうえ、担当より別途ご回答いたします。

03-5829-8818

※ ご回答には、1〜3営業日程度のお時間をいただく場合がございます。また、ご質問の内容によっては返信までにお時間を頂戴する場合があります。

※ 土日・祝日など当社休業日にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降の回答となります。
お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。